2022年9月のデータフィードニュース【EC編】Google 年末商戦、4つのアドバイス / Pinterest登壇セミナーレポートほか

コラム
コラム

暑さも和らぎ、夜は肌寒い日も増えましたね。

今月もぜひご確認いただきたいニュースをまとめてお届けします。
今週は連休続きでお忙しいかと思いますが、お仕事の合間にぜひご確認ください!

Google、ホリデーシーズンに関する4つのアドバイス

ホリデーシーズンとは、11月後半のThanksgiving Dayから翌年の元旦を言うそうですが、
日本でもクリスマス、年末や冬セールのシーズンに向けて対応したい内容が盛り込まれていました。
原文が英語ということもあり、少し詳しくご紹介します

───────────

(1) パーティに早く参加する
Googleの調査では、早くも5月にはホリデーシーズンの準備をしている人や、
何を買うか決めている人が一定数いるそうです。
Google Adsのインサイトを活用して早めの需要を捉えることや、商品フィードを整えることが推奨されています。

(2) 複数チャネルに対応する
複数チャネルで検討するユーザーに対応するとして、リスティング広告の配信最大化やレスポンシブ広告、P-MAXの設定、モバイル用のdeeplink設定などが挙げられています。

(3) スクロールの手を止めさせる
ホリデーショッパーの55%が「セールになるまで待つ」意向があり、セールやプロモーション情報の早期追加が推奨されています。
送料情報や返品規定の表示についても紹介されています。

(4) オフラインに対応する
実店舗での買い物も増えている傾向があるとして、店舗のビジネス・プロフィール登録やローカル在庫登録に加え、P-MAXキャンペーンでの店舗売上の最大化について紹介されています。

───────────

いかがでしょうか。(3) のセール価格表示については、「定価を30日以上掲載する」という前提条件があり、早めの準備が必要な施策です。
設定についてご不明な点はこちらのフォームからお気軽にお問合せ下さい。

参照:Google Ads&Commerce Blog

Turn curiosity into customers this holiday season
To prepare for the holidays, retailers can turn to Google to stand out across channels and capture demand online and in-store.

セール情報の活用についてはこちらのブログもご参照下さい!

GoogleのスマートショッピングキャンペーンがP-MAXに自動アップグレード

今年の4月に、GoogleのスマートショッピングキャンペーンがP-MAXに自動でアップデートすると発表されました。
予定では、9月末までに全アカウントで適応されるようです。
スマートショッピングキャンペーンをご利用中の方はご確認ください!

参照:

Reminder: Upgrade your Smart Shopping campaigns to Performance Max - Google Ads Help
July 21, 2022Earlier this year, we previewed the timeline and process for upgrading your Smart Shopping and Local campaigns to Performance Max using the “one-cl...

【セミナーレポート】Pinterest登壇!Pinterestマーケティングの基本をおさらい

先日、「Pinterest マーケティング入門」セミナーのセミナーレポートを公開しました。
ピンタレスト・ジャパンの中村氏にご登壇いただき、Pinterestの特徴やアドの活用についてご紹介いただきました。

▼2022/07/07開催「Pinterest マーケティング入門セミナー」レポート

最近テレビCMも見かけるPinterest。
今年6月に、Pinterestでの広告配信「Pinterestアド」と、Pinterestへの商品データ連携「Pinterestカタログ」が日本でローンチされました。
セミナーでは、Pinterestの特徴、ユーザー層、具体的な広告メニューのほか、成果を出すポイントは?などを解説しています。

「Pinterestカタログ」は、広告配信にも活用できますが、オーガニック施策としても有効で、dfplus.io のユーザーでも活用が進んでいます。
ECサイトであれば、ぜひ注目頂きたい媒体になります!

また、Pinterestマーケティングについて以下のようなお悩みがございましたら、本メールの返信、こちらのフォームよりお気軽にご相談ください!

  • Pinterestへの商品データ連携を自動化したい
  • Pinterestのデータフィードを最適化したい
  • 自社の商品がPinterestアドに相性がいいのか知りたい など

Shopify、Pinterest内で購入完了できる「チェックアウト機能」

ShopifyからPinterestチャネルを用いて商品の連携を行うことで、ユーザーが、Pinterest内で決済まで完了できる機能が発表されました。
※現状は、米国のPinterest認定ショップ限定で利用可能です。

本機能によりPinterestからの商品購入がよりスムーズになり、購入数の増加が期待できます!
今後、日本への展開にも注目です。

参照:Pinterest公式

Shopify merchants: Your Pinterest shopping tools just got better | Pinterest Business
Shopping on Pinterest just got better. Checkout via Shopify streamlines the checkout process and makes it even easier for people to shop—and for merchants to se...

Shopify 月5米ドル 「スターター」プラン提供開始

もう一つShopifyの話題です。
月5米ドルでシンプルなECサイトを持てる「スターター」プランが日本で提供開始されました。
SNSプロフィールに商品を表示できる「Linkpop」が使えるなどクリエイターや小規模事業者にとって魅力的なプランです。
各種販売チャネル(Google、Facebook等)との連携も可能なようです。

参照:

Shopify、クリエイターや新規事業者向けの「スタータープラン」を日本で提供開始
Shopify Japan 株式会社のプレスリリース(2022年9月13日 11時00分)Shopify、クリエイターや新規事業者向けのを日本で提供開始

Twitter、テスト中の広告フォーマット・ライブショッピング機能

Twitter公式ブログにて、米国で新しい広告フォーマットをテストしていると発表がありました。

  • コレクション広告
  • インタラクティブテキスト広告
  • プロダクトエクスプローラー広告

参照:

新しい広告フォーマットをテストしています
今後、よりクリエイティブで革新的な広告フォーマットを開発し、ゆくゆくは広告主だけでなく、消費者やクリエイターにも価値を提供したいと考えています。

また、こちらもβテスト中の機能として、Qoo10では、ライブショッピングで紹介している商品をカード形式で表示する機能が活用されています。

参照:

Twitterライブショッピング成功事例
Twitterのライブコマース商品「Twitterライブショッピング」の事例をご紹介します。ビジネス全体の売上増加にもつながったライブコマースキャンペーンの詳細をチェック。

Twitter ではショッピングに関する動きが活発です。
今後も新しい情報があり次第お届けしたいと思います。

Meta、Facebookライブショッピング廃止・リール注力へ。Instagramでチップを送る新機能をテスト

Metaが、今年10月にFacebookのライブショッピングを廃止することを発表し、今後はFacebook・Instagramとも「リールに注力する」とコメントしています。

この流れを受け、リール注力の一つと見られるのがInstagramで、クリエイターに対してリール上でチップを送ることのできる投げ銭機能「Gifts」のテスト開始です。

ライブコマース、短尺動画、そしてクリエイター活用とマーケターに求められる施策や制作物は多様化しています。

参照:

「Facebook」のライブショッピング機能が終了へ--「リール」に重点
「Facebook」のライブショッピング機能が、提供開始から約2年で終了することになった。
Instagram is testing a "Gifts" monetization feature for creators
The new creator monetization tool could replace Meta's Billion creator fund that's set to end this year.

STAFF START、アパレル以外の業種にも拡大させる見通し

ダイヤモンド・チェーンストアオンラインによると、バニッシュ・スタンダード社の小野里寧晃社長が
「STAFF START」を今後、コスメや家電などの小売業に拡大させる見通しだと明らかにしました。

「STAFF START」は、オンライン接客を行った結果をスタッフに評価として還元できるサービスで、アパレル業界でのスタッフコーデ投稿やLINE接客の事例があります。

小野里氏によると、オンライン接客の方法が業態によって異なるため、各業界の接客の特性を見極めてシステム開発に繋げる予定とのことです。
今後の展望にも目が離せません!

参照:ダイヤモンド・チェーンストアオンライン

次は介護業界?バニッシュ・スタンダードのオンライン接客支援がコスメや家電業界で広がる事情 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
販売員向けオンライン接客支援アプリ「スタッフスタート」を運営するバニッシュ・スタンダード(東京都/小野里寧晃社長)は、アパレル以外の業界への同アプリの普及を推進 _ 次は介護業界?バニッシュ・スタンダードのオンライン接客支援がコスメや家電業界で広がる事情 _ 小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンス...

「dfplus io」では、STAFF STARTの商品データ連携に対応しています。
詳細をご希望の場合は、こちらのフォームからお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆様の参考になれば幸いです。

ご紹介した内容についてのお問い合わせは、
本メールにご返信、または以下のフォームより承ります。

★公式Twitterにてデータフィードニュース発信中★
リプライやDMでもお気軽にご相談ください!

dfplus.io Twitter

記事に関するお問合せはこちら

* 必須

※info@やメーリングリスト等ですとご連絡をお届けできない場合があります。

※テレワーク中でない方は固定電話番号でも問題ありません。

折り返し弊社担当よりご連絡致します。

dfplus.io Blog
タイトルとURLをコピーしました