Shopifyストア・Google連携のエラー解決方法:次の識別子がないため、パフォーマンスが制限されています/Limited performance due to missing identifiers: GTIN [gtin], MPN [mpn], brand [brand]

コラム
コラム

この記事は、Shopify商品をGoogleに連携したときに起きがちなエラーと解決方法を考えるシリーズです。

今回のエラーはこちら:

(英語)Limited performance due to missing identifiers: GTIN [gtin], MPN [mpn], brand [brand]

(日本語)次の識別子がないため、パフォーマンスが制限されています: GTIN [gtin]、MPN [mpn]、ブランド [brand]

一点ものの商品やヴィンテージ商品などを除き、国際取引商品番号(GTIN)、もしくは製品番号(MPN)とブランドを指定する必要があります(Google公式ヘルプ)。

各商品に「GTIN」または「MPNとブランド」のいずれかが指定されていない場合に、エラーとなることがあります。

解決方法1:Shopify管理画面で、GTIN、MPN、ブランドを入力する

GTINが設定された商品の場合、Shopify商品管理画面 > 「バーコード(ISBN、UPC、GTINなど)」から登録しましょう。

商品に色違い・サイズ違いなどのバリエーションがある場合は、各バリエーションごとに編集します

GTINが割り当てられていない商品の場合は、まずShopify商品管理画面 > その他の操作 > Google fieldから「メーカー型番 (MPN)」を登録します。

画面の右上に「その他の操作」、その中に「Google fields」というメニューがあります
Google fields を選ぶと、メーカー型番(MPN)を入力できます

次に、ブランド情報を Shopify商品管理画面 > 分類 > 販売元に入力しましょう。

解決方法2:補助フィードを使って、MPN、ブランドをまとめて指定する

GTINが設定されている商品の場合、GTINは商品の基本情報の一つですので、基本的にはShopify商品情報として登録しておくのが良いと思います。流通システムや自社ストア外での商品掲載時などに、メリットがあるケースや必要とされるケースがあります。

一方、MPN・ブランドについては、「補助フィード」で補完する方法もおすすめです。特に、商品点数が多い場合などはこちらの方法が便利だと思います。なお、GTINについても、補助フィードに入れること自体は可能です。取り急ぎエラー解決を優先したい場合などは補助フィードに入れてもよいかもしれません。

補助フィードとは、メインフィード(Googleに連携している商品データ)で不足する情報を補うことができる、追加データのことです。各商品のIDをキイに、不足している項目の情報をGoogleに渡すことができます。まずはこのIDを得るため、 Google Merchant Center 管理画面(Shopify管理画面ではありません)「商品 > すべての商品」から商品データを一括ダウンロードします。

Googleスプレッドシートに内容をコピーし、必要な項目を追加します。今回の場合は(gtin、)mpn、brandです。その後、IDと追加項目以外は列ごと削除します。

こんな状態です(わかりやすさのため、B列の一部に半角スペースを入れていますが、本来は不要です)

再び Google Merchant Center管理画面で、今度は 商品>フィード から、「補助フィードを追加」を選択し、先ほど作成したGoogleスプレッドシートを指定します。

※注意:新商品が追加された場合は、補助フィードも更新が必要です。

解決方法3:「dfplus.io」アプリでMPN、ブランドをルールベースで指定する

補助フィードを使っても、一つずつ値を入れるのはかなり大変ですし、手作業ではどうしても入力ミスが発生してしまう可能性があります。何より、新商品が追加されるたびに補助フィードを更新しないと、またエラーになってしまうという難点があります。

Shopifyアプリ「dfplus.io」を使えば、

  • 特定の値をMPNとする…例えば、Shopifyで商品登録した際に自動的に発行される固有IDをMPNとする
  • 特定の商品に、任意のブランド名を一律で入力する…例えば、商品名にブランド名が含まれている場合はそれをブランド名として使用する
  • メタフィールドの値をブランドとして使う

など、ルールベースで商品データを編集することができます。

ルールが有効な限り、商品が追加されたタイミングでも変更の必要がありませんので、新商品をアピールする仕事に集中することができます。

dfplus.ioでGTIN、MPN、ブランドを設定する画面のイメージ

「dfplus.io」を使うと、他にも

  • 商品タイトルの最適化
  • カテゴリーの設定
  • 具体的なアドバイスを元にした着実な改善

などを簡単に行うことができ、Googleショッピング広告の成果をもっと上げたい、というときに最適です。

複数サイトや複数媒体の管理が簡単なため、EC構築・運用事業者様にもご導入頂いています。よろしければぜひご検討下さい。

導入事例

dfplus.io導入事例 - Googleチャネルや海外製アプリでは難しい柔軟なフィード改善で、 CPAを2割削減!Shopifyを利用する植物ECサイト「GreenSnap STORE」のdfplus.io活用事例
Shopifyを利用する花・植物のECサイト「GreenSnap STORE」では、新規ユーザー獲得の中心施策としてGoogleショッピング広告を活用しています。Googleチャネルや海外製アプリを経てdfplus.ioを導入した経緯や、それらのアプリとdfplus.ioとの比較、CPAを2割削減したフィード改善施策に...

Shopifyアプリ「dfplus.io」詳細はこちら

dfplus.io 商品データ連携| Shopify アプリストア
Google shoppingやInstagramに商品データを連携・最適化。データフィード管理ツール「dfplus.io」
タイトルとURLをコピーしました