新機能「区切り文字の後に改行コードを挿入」は Indeed、スタンバイや提携サイトへの掲載で便利です

新機能
新機能

先日、dfplus.io で、データフィード最適化のために「任意の区切り文字の後に改行コードを挿入できる」機能がリリースされました!元々保有している商品データ(求人データ、物件データなどを含む)に改行が無くてお困りの際は、ぜひご活用ください。

ユースケースとしては、Indeed、スタンバイといった求人検索サイトで、掲載される求人詳細に改行を入れて見やすくする、などが想定されています。

そのほか、提携サイトに詳細情報を掲載している場合など、文字数の多いデータを連携する場合にご活用いただけるかと思います。(改行コードに対応しているかについては、媒体にご確認下さい)

変換例

区切り文字は任意に設定いただけます。
例えば以下の例では、区切り文字を「。」として、「。」の後に改行を入れるようにしています。

元項目の値区切り文字を削除する変換結果
吾輩は猫である。名前はまだ無い。オフ吾輩は猫である。
名前はまだ無い。
吾輩は猫である。名前はまだ無い。オン吾輩は猫である
名前はまだ無い
データフィード変換の例

区切り文字である「。」を残すことも、削除することも可能です。

データフィードにおける「改行」はツールで対応

改行の扱いについては媒体によってまちまちなので、大元の商品データを変更するわけにもいかず、お悩みのご担当者様も多いかと思います。

dfplus.io では、以下のような、データフィード内の改行にまつわるお悩みが、手元で解決でき、その日のうちに反映できます。

  • データフィードに改行を入れたい
  • データフィードから改行を消したい
  • データフィードのHTML改行タグ(<br>)を消したい

dfplus.io は何度でも無料トライアルをお試しいただけます。また、トライアル中に、実際にデータフィードを送信することも可能です。

3週間無料トライアル申込フォーム|dfplus.io データフィード統合管理プラットフォーム
フィード広告をもっと自由に運用する。セルフサーブ型のデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」のトライアルフォームです。全ての機能が利用できる3週間の無料トライアルをぜひお試しください。

その他、こんなデータ処理できませんか?についてはこちらからお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム|dfplus.io データフィード統合管理プラットフォーム
セルフサーブ型のデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」のお問合せフォームです。サービスについてのご質問、ご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。
タイトルとURLをコピーしました