dfplus.io Blog

フィード広告運用をもっと自由に。データフィード統合管理プラットフォーム dfplus.io のTipsや新機能紹介を中心に、データフィード関連のお役立ち情報をご紹介します。

容量追加オプションの提供開始!ほか、dfplus.io 5月のアップデート情報🎉

f:id:dfplusio:20180521175712p:plain

dfplus.io チーム ブログ担当1号です!

本日は、5月にアップデートされたいくつかの機能をご紹介します。

容量追加オプションの提供を開始

dfplus.ioでのフィード統合管理がさらに便利になりました。

容量追加オプションはフィード、アイテム、サイト単位で追加購入ができ、各プランの利用上限数を拡張するものです。

たとえば、これまでフィードを多数(6本以上)管理したい場合、月額20万円のかなり大規模なプランを選択する必要がありました。
「とりあえず今はあと +1フィード だけ使いたいんだけどなぁ…」な皆さまには窮屈な思いをさせてしまっていたかと思います。大変恐縮です🙇

が、このオプションの利用で「1フィードずつ課金」することができるようになりました。実際に使う分だけの追加料金になるのでで、少しずついろんな媒体にチャレンジしやすくなったのではないでしょうか!

f:id:dfplusio:20180521171245g:plain
容量追加オプションはプロフェッショナルプランおよびエ―ジェンシープランで利用可能

フィード以外に、登録する商品データの上限も1万件単位で追加することができます。また、オプションは通常のプラン変更同様に、管理画面から申込/解除可能です。

アカウント情報ページで利用金額が確認可能に

合わせて、月途中で料金プランの変更や、オプションの追加申込をしたことによる請求金額の変動を、管理画面上で確認できるようになりました。

f:id:dfplusio:20180521172121p:plain

カスタムフィードの項目設定でテキストモードが利用可能に

dfplus.ioでは標準で対応していない媒体にもカスタムデータフィード機能でデータフィードを作成することができます。

これまでは項目を一つずつ指定していただく必要がありましたが、新機能の「テキストモード」でフィード項目を一括で設定することができるようになりました!

f:id:dfplusio:20180521162304g:plain

早速ヘビーユーザーさまから「地味に便利」とのお声を頂戴しました。フィードバックありがとうございます。

確かに日々の運用で毎回使う機能ではないのですが、上手く使えば初期構築時の作業ミスをグっと軽減できるかと思います。

ちなみに、GoogleやCriteoなどの項目をカスタムフィードに適用するテンプレート機能はすでに実装済みです。ご状況に応じて使い分けください。

新機能も無料のトライアルですぐに試せます。

フィード広告運用、そろそろちゃんと見直したいんだよなーという方は、フィード管理の便利機能がオールインワンになったdfplus.ioをぜひ一度検討ください。フィード広告の運用で感じていた不自由さをすっきり解消していただけると思います。

3週間の無料トライアルもガンガン活用いただいて、他のツールと使い心地を比較していただけるととても嬉しいです!!

dfplus.io 5分読めるまとめ資料のダウンロードはこちら、フィード広告についてのご相談全般はこちらからお待ちしております🙏