dfplus.io Blog

フィード広告運用をもっと自由に。データフィード統合管理プラットフォーム dfplus.io のTipsや新機能紹介を中心に、データフィード関連のお役立ち情報をご紹介します。

📢 dfplus.io Google動的検索広告(DSA)に対応!概要と成功の秘訣「ページフィード」について

f:id:dfplusio:20190902184841p:plain こんにちは!

ここ1年弱、YDN動的ディスプレイ広告とLINE Dynamic Adsと最新媒体に素早く対応してきた「dfplus.io」ですが、今回、新たに標準対応した媒体が増えました!

Google動的検索広告(DSA)に対応

新たな連携先として「Google動的検索広告(DSA)」のページフィードに対応しました!

これによりGoogleが提供しているGoogle動的検索広告のフィードをより簡単に作成することができるようになりました。

f:id:dfplusio:20190902184930j:plain

ところでGoogle動的検索広告(DSA)って?

Googleリスティング広告のキーワード選定や広告文の設定を自動化できる仕組みで、ミドル~ロングテールワードの運用に役立ちます。

キーワード選定・入稿・広告タイトルを自動化することによる業務の効率化、検索ニーズを取りこぼさずに出稿することによるコンバージョン数の増加の2つの効果を狙えます。

また、従来のキーワード運用と併用することもできるので、ニーズが大きいとわかっているクエリは事前に登録し、拾いきれないキーワードをDSAでカバーするといった合わせ技もおすすめです!

中でも重要「ページフィード」

DSAでは、Webサイトの情報をGoogleに伝える「ページフィード」の活用が重要になってきます。 「ページフィード」はDSAを適切に制御するための仕組みで、活用することでさらに効果的な運用が可能となります。

DSAやページフィードに関する詳細はPDFで公開しておりますので、ぜひダウンロードください! dfplus.io

まとめ

リスティングの運用では細かいキーワード設定やタイトル設定、表示URLの設定など、日々の運用コストは非常に高いですよね。

ですが、Googleの機会学習に任せてDSAのページフィードを使うことで自動化&効果的な運用が可能となります!

リスティング運用で「毎日管理が大変...」「もっとラクしたい...」「効果がいまいち...」といった方、DSAのページフィードにトライしてみませんか?

「dfplus.io」はいつでもお試しできる無料トライアルを提供しております。 まずは、どんなもんか試してみたい!といった方、是非ご活用くださいませ。

dfplus.io

▲