Shopify Google連携のエラー解決方法:画像 [画像リンク] でプロモーションのオーバーレイが発生しています/Promotional overlay on image [image_link]

コラム
コラム

この記事は、Shopify商品をGoogleに連携したときに起きがちなエラーと解決方法を考えるシリーズです。

今回のエラーはこちら:

(英語)Promotional overlay on image [image_link]

(日本語)画像 [画像リンク] でプロモーションのオーバーレイが発生しています

Googleショッピング広告では、色々な画像の要件があり、以下などが挙げられています。

  • 商品の全体が写っている
  • 商品単体画像である(商品以外の要素が写っていない)
  • 背景は白または透明
  • 割引率や送料無料、ブランドロゴなどの要素を載せない

より詳しくは、公式ヘルプ(https://support.google.com/merchants/answer/6324350)をご覧ください。

今回のエラーは、商品の画像に、ブランドロゴや「〇%OFF」など 商品以外の要素が入っているときに起きる場合があります。

なお、このエラーはShopify以外でも起こりうるもので、解決方法も基本的には同じです。

それでは早速解決方法を見ていきましょう。

解決方法1:Google Merchant Centerの画像自動改善機能

Google Merchant Centerの画像自動改善機能を使用することで解決するケースがあります。

Google Merchant Centerアカウントの右上のツールボタン > 自動改善 > 画像品質の向上から機能をオンに変更できます。

これで解決できたら一番手軽ですので、試してみる価値はあるかと思います。

ただし、画像自動改善機能を使用しても不承認が解消しないケースもあるため、その場合は解決方法2、または3に取り組みます。

解決方法2:余計な要素を含まない画像を、メイン画像に指定する

ShopifyストアがGoogleチャネルを利用してGoogleに連携している場合は、この方法をとる必要があります。少し大変かもしれません。しかも、この解決方法をとると、サイト上のメイン画像も置き換わってしまいます。

まず、テキストなど商品以外の要素を含まない画像を用意します。その画像を、商品のメイン画像に設定していきます。現行の画像と差し替える形です。

対象の商品が多くて、ひとつひとつ画像を登録していくのは大変…という場合は、上級者向けですが、画像を一括でアップロードしておき、csvでストアにインポートすることもできます。csvインポートについてのShopify公式ヘルプはこちら

解決方法3:「dfplus.io」アプリでメイン画像以外の画像URLをGoogleに送信

サイトのメイン画像はそのままにエラーを解決したい場合は、データフィード管理ツールを使います。たとえば「dfplus.io」アプリを使えば、以下のように、メイン画像以外の特定の項目をGoogleに送信することができます。

  • メイン画像ではなく、2枚目の商品画像URLをGoogleに送信する
  • メタフィールドに指定された商品画像URLをGoogleに送信する
  • 「〇〇ブランドの商品」など、特定の条件の商品にだけ上記ルールを適用する

などが簡単に実現できます。ご検討下さい。

「dfplus.io」を使うと、他にも

  • 商品タイトルの最適化
  • カテゴリーの設定
  • 具体的なアドバイスを元にした着実な改善

などを簡単に行うことができ、Googleショッピング広告の成果をもっと上げたい、というときに最適です。

複数サイトや複数媒体の管理が簡単なため、EC構築・運用事業者様にもご導入頂いています。よろしければぜひご検討下さい。

dfplus.io 商品データ連携| Shopify アプリストア
Google shoppingやInstagramに商品データを連携・最適化。データフィード管理ツール「dfplus.io」

タイトルとURLをコピーしました