2022年11月のデータフィードニュース【EC編】

2022年11月のデータフィードニュース【EC編】コラム
コラム

11月も半ばを過ぎ、冬の訪れを感じる季節となりました。
今月もぜひご確認いただきたいニュースをまとめてお届けします。
少しでもお役に立てれば幸いです!

Pinterest コンバージョンAPIを提供開始。CPA が平均14%改善

PinterestがコンバージョンAPIを提供開始しました。β実績では

  • CPA が平均14%改善
  • コンバージョンアトリビューション量が平均36%増加

などの結果が出ているようです。

Cookie規制の中、各媒体のコンバージョンAPI利用での成果改善についてよく耳にするようになりました。

実装検討にあたり追加情報が必要でしたら、お気軽にご相談ください。(大変恐縮ですが、実装自体のご支援は行っておりません)

参照:Pinterest_ニュースルーム

Shopify および Google タグマネージャーと統合された、新しい Pinterest コンバージョン API の提供を開始
Pinterest コンバージョン API は、広告主が自社のデータを Pinterest に接続するための安全で信頼性の高い新しい方法で、より優れたターゲティングと計測を可能にするものです。このタグのないサーバートゥサーバーソリューションにより、広告主はパフォーマンスを継続的に把握しながら Pinterest 広告キ...

Googleがショッピング体験を向上させる新機能を発表!

9月にGoogleが開催したSearch Onイベントにて、Googleショッピングの新機能が発表されました。

■購入ガイド機能
商品検索時、たとえば自転車なら「サイズ」「サスペンション」「重量」「素材」など、検討によく使われる情報が表示される機能です。

■ショッピングフィルター機能の更新
検索結果上部に表示されるショッピングフィルター機能が更新され、リアルタイムの検索トレンドに基づいて動的に調整されるようになりました。

Googleに渡す商品情報が、今後も様々な形で活用されそうですね。データフィードを適切に見直すことが益々重要になりそうです。

参照:Google search on イベントの動画

Search On 22
検索窓の枠を超えて

参照:9つの機能を日本語で紹介している記事(Unyoo.jp)

【ニュース】Google、ショッピング体験を向上させる9つの新機能の発表
Googleは、2022年9月28日(水)に、同日開催されたSearch Onイベントにおいて、ショッピング体

サイトへの遷移数2.3倍!Pinterestのプロダクトピンを最適化する方法とは

オーガニック流入・広告流入の両方に効果的なPinterestの「プロダクトピン」。

今回は「プロダクトピン」の最適化方法や、特に成果が出た施策をお届けします。

▼検証結果

  • 表示回数 1.3倍
  • クリック数 1.9倍
  • サイトへの遷移数 2.3倍

▼インパクトが大きかった施策

■商品タイトルにキーワードを追加する
【例】

改善前:cloud コーヒーテーブル
改善後:テーブル / cloud コーヒーテーブル / ステンレス / モダン / リビング / 北欧家具 / 新作 / 韓国

■「送料無料」を表示させる
ピンタレスト社の資料でも、「送料無料の商品は購入数が2.4倍高くなる」と記述があるぐらいですので、お勧めの施策です。

その他の施策は記事をご覧ください。今後、Pinterestの活用はドンドン進みそうですね。

参照:dfplus.io Blog

Pinterestの詳細をお聞きになりたい方は、こちらのフォームにお気軽にご連絡ください。

ソーシャルメディアやインフルエンサーのマーケティング市場が依然拡大中、2027年には2023年比で1.7倍、1.8倍となる見通し

株式会社サイバー・バズが、2022年国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向調査を行った結果が発表されました。

今回は、その一部をお届けします。

▼ソーシャルメディアマーケティング市場は2027年には2023年比約1.7倍

ソーシャルメディア全般への投資が引き続き好調であるほか、縦型・ショート動画などの新しいフォーマットや、新興の広告プラットフォームが注目を集めているのが一因となっている。

▼インフルエンサーマーケティング市場は2027年には2023年比約1.8倍

市場拡大の背景は、著名人による、YouTubeやTikTok、Instagram等でのインフルエンサー活動が定着し、人々の消費行動に与える影響力が高まったこと。

加えて、消費者の情報収集の場がネット検索からソーシャルメディアに変わっていることも市場拡大の一因となっている。

日々進化、拡大しているマーケティング市場に取り残されないように、弊社では、日々情報収集に励んでおります。

「この媒体のこと知りたい」といったご要望があれば、ぜひお問合せください。

ご紹介した内容についてのお問い合わせは、こちらのフォームより承ります。

出典:サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

【市場動向調査】2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は1兆899億円、前年比117%の見通し。2027年には2023年比約1.7倍、1兆8,868億円に
株式会社サイバー・バズのプレスリリース(2022年11月1日 15時00分) 市場動向調査 2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は1兆899億円、前年比117%の見通し。2027年には2023年比約1.7倍、1兆8,868億円に

ZOZOが“売らない”リアル店舗オープン。“似合う”をAIとスタイリストが無料提供

ファッション通販サイトを運営する「ZOZO」が初のリアル店舗、しかも“服を売らない”ショップを出店します!

“売らない”店といえば、シリコンバレー発の体験型ショップ「b8ta(ベータ)」が2020年8月に日本初の店舗を出店。

今年11月13日にファッションECの「SHEIN(シーイン)」が日本初のリアル店舗を出店しました。

実店舗とECの融合により、新しい体験を提供できる仕組みは、実店舗とECの両方を運営するブランドや企業にとって、またとない成長のチャンスだと思われます。

参照:ZOZOが“売らない”リアル店舗オープン “似合う”をAIとスタイリストが無料提供

ZOZOが“売らない”リアル店舗オープン “似合う”をAIとスタイリストが無料提供(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
ファッション通販サイトを運営する「ZOZO」が、初めてリアル店舗を出店。なんと、“服を売らない”ショップだ。

参照:初のリアル店舗「SHEIN TOKYO」が原宿にオープン。開店行列100人あまり、穏やかなスタート

初のリアル店舗「SHEIN TOKYO」が原宿にオープン。開店行列100人あまり、穏やかなスタート
11月12日午前11時、中国発のファッションEC「SHEIN(シーイン)」が東京・原宿に日本初となる常設のリアル店舗をオープンしました。

参照:続々登場!「売らない店舗」に注目

続々登場!「売らない店舗」に注目 | JP - Criteo.com
コロナ禍を機にECショッピングが多くの日本人の生活にすっかり定着しつつあることが伺えます。こうしたECの加速を背景に、実店舗のあり方に興味深い変化が現れています。それは、「売らない店舗」の台頭です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご紹介した内容についてのお問い合わせは、こちらのフォームより承ります。

★公式Twitterにてデータフィードニュース発信中★
リプライやDMでもお気軽にご相談ください!

dfplus io Twitter

記事に関するお問合せはこちら

* 必須

※info@やメーリングリスト等ですとご連絡をお届けできない場合があります。

※テレワーク中でない方は固定電話番号でも問題ありません。

折り返し弊社担当よりご連絡致します。

dfplus.io Blog
タイトルとURLをコピーしました