dfplus.io Blog

セルフサーブ型のデータフィードツール dfplus.io のTipsや新機能紹介を中心に、データフィード関連のお役立ち情報をご紹介します。

dfplus.io の便利な使い方:自社ECのカテゴリ情報をGoogle商品カテゴリにあてはめたい時には「対応表」で

f:id:dfplusio:20171122145625p:plain

こんにちは。dfplus.ioチームです!

寒くなってきたので辛い物が食べたくなりますよね。フィードフォースのオフィスの近くにはインドカレーの名店デリーがあるので大変捗ります。カシミールカレーが好きです。

さて、こんなときどうする?dfplus.ioならこうする!のコーナー、今日のお題はこれです。

大元の商品データに入ってるカテゴリ情報をGoogle商品カテゴリにあてはめたい

最終イメージはこんな感じ。

f:id:dfplusio:20171117202041p:plain

これに限らず、 ある値が○○だったら●●にして、△△だったら▲▲にする、◇◇だったら… といった、ある項目における一連の置換を一括で行いたい場合に有効です。

人材業界だと都道府県コード(01→北海道)の置換や、職種コードの置換(S001→営業)などでしょうか。

dfplus.ioのどの機能を使うか

例によって、既にdfplus.ioで元の商品データを取り込んでいて、マスターデータとして利用できる状態が前提です。 今回はこれらの機能を使っていきます。

  • 対応表
  • 変換ルール
    • 次の対応表で置換する

機能名で何となく予想がつくかと思いますが、対応表 を作ったあと、それを使って置換 する設定をつくります。

dfplus.ioでの設定例

置換するパターンを用意する

まずはdfplus.ioで設定するために置換のパターンを洗い出してください。

いま販売している商品以外のパターンも漏れなく網羅するためには、商品データを管理しているシステム担当の方からカテゴリマスタをもらうのが確実ですが、簡易な方法として現在のマスターデータからExcelを使って置換パターンをつくってみます。

今取り込んでいるマスターデータcsvファイルをダウンロードしてきてExcelで開きます。普通に開くと文字コードの問題で文字化けすることがあるので、「テキストファイルから開く」を使って開きました。(画像はどれもクリックで大きくなります、見づらいところは恐縮ですが拡大して確認ください...)

f:id:dfplusio:20171117194003p:plain

置換の元になる自社サイト定義のカテゴリ情報の列を確認して、「重複を削除」でユニーク化します。 f:id:dfplusio:20171120141757p:plain

今回使ったマスターデータでは27個のカテゴリが使われていることがわかりました。

f:id:dfplusio:20171117194208p:plain

ユニーク化したカテゴリに対して、対応するGoogle商品カテゴリを当てはめていきます。Google商品カテゴリはここからダウンロードできます。

f:id:dfplusio:20171117194254p:plain

ここまで出来たらこの2列の情報をcsvで保存しておきましょう。あとで使います。

dfplus.ioの対応表をつくる

続いて先ほど用意した置換パターン表を、対応表 に入力していきます。 ちなみに対応表はサイト(マスターデータ)に紐づくので、例えばCriteoフィードで利用していた置換パターンを、そっくりそのままFacebookフィードでも利用するなんてことができます。

f:id:dfplusio:20171117194412p:plain

対応表は、キー に置換元の情報、 に置換後の情報 を設定します。

1つずつ設定していくこともできるのですが、20個以上もあるのでテキストモードで一気に流し込んでみましょう。置換パターン表のCSVファイルをメモ帳などで開いて必要な部分をコピー、その後右上のテキストモードからペーストします。

f:id:dfplusio:20171117194610p:plain

そして保存するとドカッと入力されています。不要な空行などが入っている場合は削除してください。

f:id:dfplusio:20171117194626p:plain

これで対応表は完成です。

変換ルールで対応表を呼び出す

最後の手順です。ルールを使って実際に値を置換します。

全ての商品で一括置換する場合は、処理に「次の対応表で置換する」を選択して、先ほど作成した対応表を指定します。

f:id:dfplusio:20171117194727p:plain

ルールを有効化して保存すると、プレビューで結果が確認できます。

変化が見られない場合は、マッピングでgoogle_product_category項目に、置換元の項目を指定しているかを確認してみてください。

f:id:dfplusio:20171117194907p:plain

できました!

おまけ:置換前の値も残しておきたい場合は拡張カラムを使う

今回ご説明した例の場合、マスターデータの「カテゴリ2」という項目は、Google商品カテゴリの内容に全て置換されてしまいます。

もし「カテゴリ2」をproduct_typeでも使いたい、といった場合は、拡張カラムに一度「カテゴリ2」を代入してから対応表で置換するとよいでしょう。 f:id:dfplusio:20171117195601p:plain

f:id:dfplusio:20171117200730p:plain

拡張カラムについては、前回の記事も参考にしてみてください。

blog.dfplus.io

まとめ

「大元の商品データに入ってるカテゴリ情報をGoogle商品カテゴリにあてはめたい」などの `ある値が○○だったら●●にして、△△だったら▲▲にする、◇◇だったら… といった、ある項目における一連の置換を一括で行いたい場合は、dfplus.ioなら対応表を使って簡単に実現できる。

それではよいデータフィードライフを!